月別アーカイブ: 2015年7月

HPから価格表とミキフーズ通信が閲覧!

価格表とミキフーズ通信

新しいホームページの中ほどにミキフーズの取り扱い商品と規格・価格が載った「価格リスト」と毎月末に発行する「ミキフーズ通信」が閲覧できるようになりました。

勿論、パソコンだけでなくスマートフォンでも閲覧可能です。

 

また、「本日の商品紹介」として、売れ筋商品を毎日紹介していくつもりです。

どうぞお楽しみに・・・

キッチンスタジオ計画始まる

P_20150819_102804

 

まずは2階の工事が始まりました。

キッチンを作るとなると、情報も集まると思い、この際組織も変更することにしました。

今まで営業は地域性を意識し、各支店に配置していましたが、これを機に営業は直行直帰体制にし、自分の机は東京南支店に、またフリーアドレスのデスクを東京北支店に置くようにしました。

モバイル化やクラウド化が発達したおかげで、色々な働き方が可能になっています。

できる会社は違う?同じ?

P_20150309_075154

社長特権で、いろいろな企業に訪問させて頂いています。

3月にオカフーズの岡社長のお誘いでベトナムのダナンにある魚工場。

6月には味のちぬやの香川本社工場と愛媛工場にお伺いさせて頂きました。

食品メーカー数あれど、自分はこの2メーカーは「他社とは違うぞ!」と思える企業でしたが、訪問後、その両者が全く同じことをしていたことに驚きました!

 

「環境整備」です。

 

はじめ岡社長からその言葉を聞き、その意味がピンと来ていませんでしたが、ベトナムの工員達が操業前にみんなでピカピカに工場の磨き上げている姿を見て、それが単なる掃除でないことを感じました。

その次に訪れた味のちぬやさんでも全社員が環境整備に努め、それを企業文化に育て上げておられました。

 

できる会社は「できる仕組み」を知って、それを実行しているんですね・・・

 

また、いつでも環境整備の大切さなど会社として大切にしたいことを確認できるよう、オカフーズさんは手帳に、味のちぬやさんも小さい冊子に様なものにし、常に携帯できるようにしていました。

これもなんと同じ・・・

 

ミキフーズもこれらをパクれば、業績向上に繋がりますかねぇ~

【オカフーズ】 http://okafoods.jp/

【味のちぬや】 http://www.chinuya.com/

 

 

キッチンスタジオをどう作ろうか?

P_20150810_162956

 

東京の事務所には、同じ建物の中の2回には、統括本部と統括本部会議室、そして1階には東京南支店があります。

当初、会議室にイケア辺りで買ってきたシステムキッチンを作ろう!という感じでした。

そのことを社員に伝えると、その反応はすこぶる良く、「社長、時代はスチコンです」とか「やはり火力が必要なのでは」と最初の規模からかなりかけ離れ、本格的なものを準備した方がいいのではと考えるようになりました。

そう考えると、キッチンを新設するのは下水道や換気の問題から2階ではなく1階にし、今ある1階の事務所を2階に持っていこうという考えに変わりました。

 

また更に考えると、出歩くことの多い自分一人が統括本部(実質は社長室)を使うことはスペースの無駄と考え、会議室と本部の壁も取り壊し、ワンフロアーにリノベーションしようと考えています。

 

そんな折、「業績が向上するオフィスの創り方」というまさに渡りに船なセミナーに参加してまいりました。

【翔栄クリエイト】 http://www.syouei.net/

こことなら、なんか面白いことが出来そうです。

 

 

食材カタログドットコム

食材カタログトップ

ミキフーズでは、業務用食品メーカーの作成した「商品カタログ」を電子ブック版にして閲覧できる「食材カタログドットコム」を運営しています。

 

その昔、現在の大田区と川口市の支店のほか、東大和市と横浜市、そして松本市の計5営業所が広範囲に存在しており、そこに訪問するたびにバラバラのメーカーカタログがありました。

 

これをいつでもどこでも見れると便利だと思い、それを形にしました。

今では多くの方に利用していただき、よく同業他社のお偉いさんからも感謝されます・・・

 

こんなにインターネットが普及してきたにも拘わらず、業務用商品をネットで商品検索するのは難しく、その問題解決の一役になれればと考えております。

【食材カタログHP】 http://www.food-catalogue.com/

【食材カタログ紹介動画】 https://youtu.be/xry-2QIFoxU

 

キッチンスタジオを作る

食品問屋でありながら弊社では調理スペースがありません。

恥ずかしいことですが・・・

お客様は料理人の方が多く、その相談はされるもののよく分からないのが実情です。

 

新商品のサンプルも配布する際には、早朝にメーカー担当者bに作って持ってきてもらい、それをその日のうちに配布いたします。

 

どうすればお客様にとって「無くてはならない」存在になれるかと考えた時に、最初に浮かんだアイディアが「キッチン」を作ることです。

 

自分自身、料理を作ることが好きで、週末やキャンプなどでは腕を振るいますが、いざちゃんと勉強してきた方々をお話しする機会だとどうしてもボロが出てしまいます。

 

会社でキッチンを設置することで、営業担当者のスキルアップになり、経営の刷新が図れるのではと期待しています。

 

中食市場を盛り上げたい!

惣菜

中食

まず何と読んだらいいのかもよくわかりません・・・正解は「なかしょく」と読みます。

 

よく聞く「今日は、外食よ!」という「外食(がいしょく)」とはその字の通り家の外で食べる食事のことです。

具体的にレストランや居酒屋さんなどがあります。

一方、お家で作るごはんのことを「内食(うちしょく)」といいます。

 

中食はその中間にある食事形態のことで、「外で勝って持ち帰り、家でゆっくり食べる」あるいは「家族や仲間とワイワイ食べる」という意味です。

 

女性の社会的活躍やおばあちゃんの増加でなかなか家で料理を作らない(作れない)方が増えています。

また、外食は「美味しいけど高い」とか「ゆっくり食べられない」、「自分好みのアレンジが出来ない」などの理由から、中食の市場はだんだん大きくなっています。

 

具体的にはスーパーマーケットの「惣菜コーナー」やデパ地下・駅ビル、コンビニのお弁当なんかも中食に分類されます。

ミキフーズでは、そんな勢いのある中食市場に少しでも貢献できるよう、毎日お客様とともに勉強しています。

ホームページを新しくしました。

お待たせいたしました。
やっとミキフーズのホームページを新しくいたしました。

今回の特徴は、いい人に出会えるよう、リクルート活動に注力したページ作りです。

現在活躍している社員の生の声を聞いて、ミキフーズに少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

ミキフーズホームページ