作成者別アーカイブ: miki

経営計画策定合宿1日目

27 - 1

本日から2日間に渡り、経営幹部が合宿をして30期の経営計画を策定します。

時期は創業30周年と記念の年となり、いつもに増して気合いを入れて会社経営を行っていきたいと思います。

いい機会ですし、経営理念やビジョンといった経営の根本から振り返り、予算や行動方針に至るまで経営幹部とともに作り上げていきたいと思います。

仕事と介護の両立セミナーを開催しました

P_20160621_093300

 

社労士の勧めもあり「仕事と介護の両立セミナー」を社内で開催しました。

介護離職を防止する目的とともに、社内の就業規則や福利厚生について再確認してもらう機会でもあります。

20代の若手にはぼんやりの話でしたが、40代以上は現実味のある話なのか割と真剣に耳を傾けておりました。

 

第2回デリカワークショップを開催しました。

P_20160620_192529

本日は第2回目のデリカワークショップを開催しました。
今回もメーカーさんや商社さん、そしてスペシャルゲストとして食材のプロフェッショナル田中さんも交え、色々な勉強を致しました。
特に今回は「マーケットイン」による「コトPOP」作りが盛り上がり、気さくな仲間と飲みながら、大喜利のようにPOPを作って楽しみました。
第3回やオフ会などキッチンスタジオを活用して、今後も「中食」を盛り上げていきたいと思います。

包材のセミナーを開催しました。

■ダイモン中里さん

昨日、キッチンスタジオ東京にて初めてのセミナーを開催しました。

 

ご登壇頂いたのは、食品包装資材卸、株式会社ダイモンの中里さんです。

中里さんと弊社小林とが前職が一緒という仲からこの会が実現いたしました。

 

中食をターゲットにしているミキフーズにしては、トレイでの演出は、食材を演出するのと同じくらい重要だと考えています。

例えば、いくら食材を豪華に作っても、安いトレイを使うとそれなりの価格にしか見えませんし、逆に内容は同じでも、どんぶりではなくお重型のトレイに入れるとそれだけで高く売ることができます。

また、バイヤーやチーフがどのようにトレイを決めているのか興味深々です。

 

そのような問いに対し、メーカーの特徴や容器の種類など初歩の初歩から丁寧にご説明頂き、最終的には価格交渉など現場の生々しい声を聴かせていただきました。

 

今後ミキフーズの営業がご提案する際、おススメのトレイ提案を添えて商談できるくらいになれれば、お客様にとって役立つかと期待しています。

入社式を行いました

入社式

 

昨日、入社式を行いました。

本年は嬉しいことに2名の新入社員を迎えることが出来ました。

会社を益々発展させ、彼らの生活や人生が豊かになるよう頑張っていきたいと思います。

 

そこで入社式では彼らに期待を込めて、エールを送りました。

============================================================

 

ミキフーズにようこそ!

新社会人の皆さん、入社おめでとうございます。

会社を代表して、心から歓迎致します。

 

本年は喜ばしいことに2名の優秀な社員を迎えることが出来ました。

数ある会社の中からミキフーズを選び、自分の人生を託してくれたことを本当に嬉しく思います。

皆さんのその意気込みに応えられるよう、会社は最大限サポートすることをお約束します。

 

さて皆さんは今日から「社会人」です。

学生から卒業し、今まで学んだ知識や技術を活かす時が来ました。

人は社会の中で、自分の強さと役割を発揮することで、社会に貢献しています。

 

よく「人は一人では生きられない」と言われますが、人が文明や文化を享受できるのは、お互いに助け合い、協力することで相乗効果を生んでいるからです。

 

だからこそ、これからの社会人生活において、色々な人の言葉を胸に刻むだけでなく、その人のためにも自分の考えや気持ち、そして今まで培ってきた自分の強さや経験を素直に伝えてください。

そうすることで、共に成長できるのです。

 

今日はめでたい社会人1日目ですので、気負わなくて結構です。

一歩一歩、歩んでいきましょう。

 

だた知ってもらいたいのは、今日ここに皆さんがいるだけで、ミキフーズの社員一同は新たな希望を感じています。

それだけ皆さんには自分では気付かない秘めた力があるのです。

 

ミキフーズは「変化を恐れない」集団です。そして「成長を楽しめる」集団でもあります。

今日、皆さんはその仲間入りをしました。

 

熱意に満ちた初心を礎に、同じ時代に同じ職場で働く縁とその喜びを共有し、一生懸命に自分の花を咲かせ、実り豊かな人生を、ここにいる仲間と共に創っていきましょう。

 

 

今回のメールマガジンは唐揚げ特集です。

shikaku

3月15日号のメールマガジンを発行しました。

 

今回の特集は、皆さん大好きな「唐揚げ」の特集です。

唐揚げといっても、冷凍食品のプリフライ品ではなく、生肉を使用した際に使う「唐揚げ粉」です。

 

醤油タイプやお店独自にカスタマイズできるベース的なものなどミキフーズでは数品取り扱っていますが、近年人気が出てきたのは「塩から揚げ」です。

この商品は淡路島産の藻塩を使い、さっぱりとした中にも味わい深いのが特徴です。

 

塩から揚げは、夏など気温が高ければ高いほど売れる商品です。

この夏に向けて、まずは温かくなるこの時期にテスト販売として、普通の唐揚げのアソート品としてお使いすることをお勧めいたします。

 

武蔵野の現地見学会に参加しました

P_20160208_144958

昨日、知り合いに誘われあの「武蔵野の現地見学会」に参加してまいりました。

日本経営品質賞を2回も獲得し、カリスマ的存在の小山社長のあの会社です。

 

100名ほどの参加者は、小山社長との講演の後、3台のバスに分かれてそれぞれ支店と本社を訪れ、増収総益の源を見学しました。

本で書かれている「環境整備」や「見える化」など様々な取り組み(仕掛け)を知ることが出来、ミキフーズでも早速、実績していこうと考えています。

 

その中で一番強烈だったのは、講演の中で「無借金は社長の犯罪です」というお言葉。

無借金で怒られたのは初めてで相当ショックでした。

 

ヒト・モノ・カネと経営資源を上手に使ってこそ経営者です。

仕掛けだけでなく、会社経営に対する考え方も含め、今後も勉強していきたいと考えています。

 

東京北支店の業務改善

■コンテナスロープ

ドライバーの拘束時間軽減のため、トラックへの荷積みを夜から朝に変えたことにより、その保管場所が必要になってきました。

そこで大きな冷凍倉庫を新たに建てる勇気と資金がなかったので、冷凍コンテナを改造して、それに充ててます。

コンテナといっても、閉め切れば水から氷が出来るぐらい、キンキンに冷えます。

 

1コンテナに写真のかご車が16台入り、4コース分の荷物が保管できます。

ミキフーズではコンテナ2つに計8コース分をスタンバイし、早朝に来るドライバーに引き渡します。

 

商品の箱には「コース」と「納品順番」、「店名」が書かれたシールを貼り、ドライバーはこれにもとづいた「積み付け表」を参照して店舗配送します。

これにより熟練度が低いドライバーでも確実にお客様にお届けできる仕組みを構築中です。

 

先日のスキーバス事故は大変残念で、被害にあわれた方々のご冥福をお祈りいたします。

経営者として、協力会社とはいえ、自社の荷物を運んでくれるドライバーへの過酷な労働はできるだけ改善したいと思いますが、なにぶん人手不足や高齢化など、今後もこれ以上の改善が見込めない中で何ができるのか模索中です。

 

よりより仕事が、より短時間で、正確にできることが出来るために何ができるか常に現場で考えながら取り組んでいきます。