カテゴリー別アーカイブ: キッチンスタジオ

第2回デリカワークショップを開催しました。

P_20160620_192529

本日は第2回目のデリカワークショップを開催しました。
今回もメーカーさんや商社さん、そしてスペシャルゲストとして食材のプロフェッショナル田中さんも交え、色々な勉強を致しました。
特に今回は「マーケットイン」による「コトPOP」作りが盛り上がり、気さくな仲間と飲みながら、大喜利のようにPOPを作って楽しみました。
第3回やオフ会などキッチンスタジオを活用して、今後も「中食」を盛り上げていきたいと思います。

包材のセミナーを開催しました。

■ダイモン中里さん

昨日、キッチンスタジオ東京にて初めてのセミナーを開催しました。

 

ご登壇頂いたのは、食品包装資材卸、株式会社ダイモンの中里さんです。

中里さんと弊社小林とが前職が一緒という仲からこの会が実現いたしました。

 

中食をターゲットにしているミキフーズにしては、トレイでの演出は、食材を演出するのと同じくらい重要だと考えています。

例えば、いくら食材を豪華に作っても、安いトレイを使うとそれなりの価格にしか見えませんし、逆に内容は同じでも、どんぶりではなくお重型のトレイに入れるとそれだけで高く売ることができます。

また、バイヤーやチーフがどのようにトレイを決めているのか興味深々です。

 

そのような問いに対し、メーカーの特徴や容器の種類など初歩の初歩から丁寧にご説明頂き、最終的には価格交渉など現場の生々しい声を聴かせていただきました。

 

今後ミキフーズの営業がご提案する際、おススメのトレイ提案を添えて商談できるくらいになれれば、お客様にとって役立つかと期待しています。

キッチンスタジオ計画始まる

P_20150819_102804

 

まずは2階の工事が始まりました。

キッチンを作るとなると、情報も集まると思い、この際組織も変更することにしました。

今まで営業は地域性を意識し、各支店に配置していましたが、これを機に営業は直行直帰体制にし、自分の机は東京南支店に、またフリーアドレスのデスクを東京北支店に置くようにしました。

モバイル化やクラウド化が発達したおかげで、色々な働き方が可能になっています。

キッチンスタジオをどう作ろうか?

P_20150810_162956

 

東京の事務所には、同じ建物の中の2回には、統括本部と統括本部会議室、そして1階には東京南支店があります。

当初、会議室にイケア辺りで買ってきたシステムキッチンを作ろう!という感じでした。

そのことを社員に伝えると、その反応はすこぶる良く、「社長、時代はスチコンです」とか「やはり火力が必要なのでは」と最初の規模からかなりかけ離れ、本格的なものを準備した方がいいのではと考えるようになりました。

そう考えると、キッチンを新設するのは下水道や換気の問題から2階ではなく1階にし、今ある1階の事務所を2階に持っていこうという考えに変わりました。

 

また更に考えると、出歩くことの多い自分一人が統括本部(実質は社長室)を使うことはスペースの無駄と考え、会議室と本部の壁も取り壊し、ワンフロアーにリノベーションしようと考えています。

 

そんな折、「業績が向上するオフィスの創り方」というまさに渡りに船なセミナーに参加してまいりました。

【翔栄クリエイト】 http://www.syouei.net/

こことなら、なんか面白いことが出来そうです。

 

 

キッチンスタジオを作る

食品問屋でありながら弊社では調理スペースがありません。

恥ずかしいことですが・・・

お客様は料理人の方が多く、その相談はされるもののよく分からないのが実情です。

 

新商品のサンプルも配布する際には、早朝にメーカー担当者bに作って持ってきてもらい、それをその日のうちに配布いたします。

 

どうすればお客様にとって「無くてはならない」存在になれるかと考えた時に、最初に浮かんだアイディアが「キッチン」を作ることです。

 

自分自身、料理を作ることが好きで、週末やキャンプなどでは腕を振るいますが、いざちゃんと勉強してきた方々をお話しする機会だとどうしてもボロが出てしまいます。

 

会社でキッチンを設置することで、営業担当者のスキルアップになり、経営の刷新が図れるのではと期待しています。